ゆる~く覚えるSQL入門:〇〇を含まない・一致しないレコード(行)を検索する【NOT演算子】

  • 2020年9月21日
  • 2020年9月21日
  • IT, SQL
  • view
IT

SQL文入門:パン屋さんのmenuテーブルで考えてみよう

テーブル名:menu

id name price category
1 メロンパン 200 菓子パン
2 カレーパン 300 総菜パン
3 カツサンド 400 総菜パン
4 デニッシュ 300 菓子パン
5 バターロール 200 総菜パン
6 食パンプレミアム 500 総菜パン

今回も簡単な題材として、パン屋さんのmenuテーブルを例にSQL文を学習してきます。

【NOT】〇〇を含まない・一致しないデータを検索する

SQL文で〇〇を含まない、〇〇を一致しないデータを検索するときはNOTを使います。

SQL文の書き方の例は以下の通りです。

例①

select カラム名
from テーブル名
where not カラム名 < 200
;

例②

select カラム名
from テーブル名
where not カラム名 like "%テキスト%"
;

では、実際にパン屋さんのmenuテーブルから「パン」が付くもの以外を検索してみたいと思います。

select *
from menu
where not name like "%パン%"
;

↓↓↓↓実行してみると

・実行結果

id name price category
3 カツサンド 400 総菜パン
4 デニッシュ 300 菓子パン
5 バターロール 200 総菜パン

デニッシュやカツサンド、バターロールなど名前にパンが付かないもののみを検索できました。

まとめ

今回の記事をまとめると

  • 〇〇を含まない、〇〇と一致しないデータを検索するときはNOT演算子を使う

 

最新情報をチェックしよう!