NO IMAGE

給与支払いの5原則

給与支払いの5原則

①通貨払いの原則

給与は通貨で支払わなければならない。

通貨の代わりに自社商品などを給与代わりとして支払うことはNG。

②直接払いの原則

給与は従業員本人に対して直接支払わなければならない。

従業員の家族や委任を受けた代理人に給与を支払うことはできない。

③全額払いの原則

給与はその全額を従業員に支払わなければならない。

そのため貸付金を給与から控除して支払うことは原則不可。

ただし以下の場合は例外にあたる。

  1. 法令に別段の定めがある社会保険料、所得税、住民税
  2. 会社と従業員との間で締結した協定に定めがある場合、社宅の費用やビッピンの立替代金の控除
  3. 毎月の給与額で100円未満の歯数が生じたときに、50円未満を切り捨て、50円以上を100円に切り上げる場合や1000円未満の歯数が生じた時に、1000円未満の歯数を翌月に繰り越して支払う場合

④毎月1回以上払いの原則

給与は毎月1回以上支払わなければならない。

ただし、賞与や退職金、結婚祝金、災害見舞金などはこの原則が適用されない。

⑤一定期日払いの原則

給与は毎月「25日」など特定日に支払わなければならない。

ただし、25日が休みの場合繰り下げる、繰り上げることは認められている。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

給与計算の最新記事8件