NO IMAGE

社会保険料の算出方法について

社会保険料の算出方法

流れは以下の通り

①従業員の報酬月額を算出する

②標準報酬月額表に当てはめて標準報酬月額、社会保険料を算出する
(保険料率を乗じることも可能)

③前月分の社会保険料を当月分の給与から控除する

社会保険では給与のことを報酬と呼ぶ。

報酬となるもの 報酬とならないもの
基本給、役職手当、職務手当、営業手当、住宅手当、家族手当、時間外労働手当、精皆勤手当、宿日直手当、賞与(支払回数が年4回以上のもの) 結婚祝金、災害見舞金、病気見舞金、出張旅費、出張手当、退職金、解雇予告手当、賞与(年3回以内の場合)

標準報酬月額の5つの決定方法

①資格取得時決定

入社し被保険者となった時に入社後に受け取る報酬を元に標準報酬月額を決定する。

②定時決定

毎年1回7月1日現在に在籍する被保険者全員を対象に4、5、6月の報酬を元に標準報酬月額を見直し、再決定する。

ここで決定した標準報酬月額は③の随時海底に該当しない限り、原則として9月から翌年8月まで適用される。

③随時改定

昇給や降給で固定的給与に変動が生じ、標準報酬月額に2等級以上の差が出た場合に標準報酬月額を改定する。

ここで改定された標準報酬月額は改定月が1~6月の場合はその年の8月まで、7~12月の場合は翌年8月まで適用される。

④育児休業終了時

育児休業終了後、職場復帰した被保険者の報酬額が従前と比べて低下した場合は従前の高い報酬に基づいた保険料の負担は酷であるため再計算する。

育児休業終了日の翌日が属する月以降3ヶ月間に受けた報酬をもとに、従前の標準報酬月額との差が1等級でも生じていれば標準報酬月額を改定することになっている。

保険者算定

①〜④の方法で算定することが困難な場合、もしくは算定した額が著しく不当な場合は保険者が算定を行う。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

給与計算の最新記事8件