注目キーワード

労働保険とは

NO IMAGE

労働保険とは

労働保険は雇用保険と労災保険の2つの保険制度を総称したもの。

雇用保険

雇用保険は従業員が失業した時や就業困難となった場合にその者に対して次の仕事が見つかるまで生活を援助する保険給付制度。

雇用保険料は授業員と会社が双方で負担。

保険料は毎年1回都道府県労働局へ申告し納付する。

労災保険

労災保険は業務上の災害や通勤による怪我、病気、障害、死亡に対して必要な保険給付を行う制度。

労災保険料はその全額を会社が負担する。

保険料は毎年1回都道府県労働局へ申告し納付する。

労働保険の加入が必要な事業所

労働保険は原則として従業員を1人でも使用する灰は法人・個人を問わず加入が義務づけられている。

しかし、個人事業の一部については任意加入となっている。

労働保険の加入手続き

労働保険の加入手続きの窓口は労働基準監督署になる。

提出書類は以下の通り

  • 適用事業報告
  • 労働保険保険関係成立届
  • 労働保険概算保険料申告書

また、労働保険のうち雇用保険については公共職業安定所への届出が必要。

提出書類は以下の通り

  • 雇用保険適用事業所設置届
  • 雇用保険被保険者資格取得届
  • その他添付書類(登記簿謄本など)